登山

バイブル的存在|登山初心者の女子にオススメの本を紹介!

こんにちは、Nagoya / Nagoyaka log の楓(@kaede_twi)です。

この記事では、
登山に興味を持ち始めた女子にオススメの本をご紹介します。

今回ご紹介する本は、
登山歴約10年になる私が
登り始めたばかりの頃から何度も読み返している
バイブル的な存在の本です。

登山は、それまで縁がなかった人にとっては、
どんな経験ができるのか
どんな楽しみ方があるのか
なかなかわかりづらい部分があると思います。

今回ご紹介する本は、
紹介する本のそれぞれで
その人らしく山や自然を楽しんでいるので、
いろいろな山の楽しみ方を知ることができ、

また、実用性のある本もオススメしているので、
ぜひ参考にしてみてください。

山になんとなく興味を持ち始めたあなたに、
ぜひ一度読んでみてほしいです!

 

オススメその1 鈴木ともこ『山登りはじめました』

初心者の方にまず読んでほしい本が、
鈴木ともこさんの『山登りはじめました』です。
コミックエッセイなのですぐに読めます。

この本では、
山ごとに
著者である鈴木さんの実際の登山経験
がマンガで描かれています。

このマンガを書き始めたときに、
鈴木さんは初心者で、
高尾山での体験談から話が始まります。

高尾山からはじまった登山は、
やがて富士山屋久島の宮之浦岳へ。
2冊で12の体験談を読むことができます。

『山登りはじめました めざせ!富士山編』
高尾山
木曽駒ケ岳
立山
尾瀬・至仏山
鎌倉アルプス
富士山
丹沢・塔ノ岳

『山登りはじめました2 いくぞ!屋久島編』
草津白根山
常念岳
八ヶ岳・天狗岳
屋久島・宮之浦岳
槍ヶ岳

この本の面白いと思う点は、
著者の鈴木さんの体験がそのまま描かれているという点です。

たとえていうならブログっぽい感じ

初心者の読者と同じ目線で、
その山を目指した理由や、
登山中の楽しかったことやつらかったことが描かれているので、
読んでいて共感できる部分が多く
登山中の様子が想像しやすくなります。

登山がどんな感じなのかつかめない人に、
この山はこんな感じだった
雨のときはこんな気持ちになった
山小屋に泊まってみたらこんな感じだったと、
小さなものから大きなものまで
いろいろなエピソードを聞かせてくれる本です。

オススメその2 益田ミリ『週末、森で』

created by Rinker
¥1,296
(2018/12/10 15:57:05時点 Amazon調べ-詳細)

もともと大好きな作家である益田ミリさんのコミックエッセイ、
『週末、森で』

登山がテーマというわけではなく、
主人公の早川さんのマイペースな田舎暮らしの様子や、
都会で働く女友だち2人の日常などが描かれています。

その女友だち2人は、
早川さんのところに遊びにきて森や湖で遊んだりします。
そのときに交わされる言葉がとてもいいんです。

2人が都会での日常に戻ってからも
イヤなことがあったときに、
そのときに交わした言葉によって救われたり
前に進むことができたりします。

この本の面白いところは、
自然って素晴らしい、自然って感動するみたいな話ではなく、
自然のなかにいたら見えるものがあった
気づくことがあったくらいのスタンスなのに、
自然の豊かさを感じさせることです。

登山をはじめたばかりだと、
自然を楽しまなければ、偉大な自然に感動しなければと、
自然のなかで過ごすことに
気負いを感じることがあるかもしれません。

でもそんなことを気にする必要はなくて、
ただそこに身を置いて過ごすだけでもいいのだと、
気づかせてくれる本です。

オススメその3 四角友里『一歩ずつの山歩き入門』

created by Rinker
¥1,296
(2018/12/10 15:57:06時点 Amazon調べ-詳細)

『山登り始めました』、『週末、森で』にくらべると、
だいぶ実用的な本です。

著者の四角友里(よすみ・ゆり)さんは、
山ガールブームの火付け役・山スカートを流行らせた人です。

カラフルな格好・山スカートなど、
ファッションに関して注目されがちな四角さんですが、
私としては、
ファッションの人というよりも
研究熱心で感受性の豊かな人という印象があります。

その研究熱心さが発揮されている本が、
この『一歩ずつの山歩き入門』です。

一歩ずつ・入門と銘打っているとおり、
その内容は本当に丁寧

大きく、
プラン
山ウェア
山道具
歩き方
山小屋 
のカテゴリーにわかれており、
本文に加え、たくさんの写真と写真に対するしっかりとした解説によって、
登山をするにあたって必要になる情報がぎっしりつまっています。

私はいまだに登山前の準備のときには、
この本を片手に必要なものを集めていきます。

登山では、季節・日帰りか泊まりか・低山か高山かなど、
さまざまな要素によって必要なものが変わってくるのですが、
この本ではその際に参考になる情報がたくさん書かれているので、
非常に役に立ちます。

また、
四角さんは持病で平衡感覚がなく三半規管も弱いそうで、
この本の「歩き方」のカテゴリーの内容は、
登山初心者や体力に自信のない人に非常に参考になると思います。

登山初心者の女子にオススメの本のまとめ

登山にまつわる本は無数にあり、雑誌も毎月発刊されます。

初心者向けの本もたくさん出ていますが、
さまざまな要素を薄い内容でまとめた本よりも、
用途にわけて、
それぞれに濃い内容の本を持っていたほうがあとあと役に立ち
登山前に読み返したくなるのではと思います。

そういう意味で、
登山初心者の人には
『山登りはじめました』で登山の雰囲気を感じて、
『週末、森で』で自然のなかで過ごすことのハードルを下げ
『一歩ずつの山歩き入門』で実際に登山の準備をしたり、
心配事を減らしていくといいのではないかと思いっています!

 

 

マメナチカ
マメナチカ
山の本や雑誌、たくさん持っているけど、オススメはこれなんだネ !

楓
うん!素敵な本はたくさんあるけど、初心者のときから今にいたるまで、読み返すことが多かったものを紹介したよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。