お気に入り

グリーンブック|人種差別を描く最高のバディ&ロードムービー

ピーター・ファレリー監督作品の映画『グリーンブック』

この記事では、
ピーター・ファレリー監督作品の映画『グリーンブック』
あらすじや感想について書いています。

コメディの名手、ピーター・ファレリー監督が描いた本作品は、
1960年代のアメリカの人種差別を描くという重いテーマでありながら、
ユーモアたっぷりに、
正反対の2人が友情を育む様を見せてくれるロードムービーです。

本作品は、
2018年度アカデミー賞の作品賞・助演男優賞・脚本賞を獲得しました。

『グリーンブック』のあらすじ

1962年アメリカ。
トニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)はNYのナイトクラブ「コパカバーナ」で用心棒として働いていたが、
改装のため職を失う。

一方、ピアニストのシャーリー(マハーシャラ・アリ)は、
アメリカ深南部を行く自身のツアーを計画しており、
そのツアーを問題なく進められるようなドライバーを探していた。
そこで出会ったのがトニーだった。

時代は公民権運動の頃。
アメリカ南部では南北戦争から100年経ったにもかかわらず、
根深く非人道的な人種差別が行われていた。

黒人用の旅行ガイドブック「グリーンブック」を片手に、
ガサツなトニーと理性と知性のあるシャーリー、
正反対の二人の旅が始まった。

『グリーンブック』感想

ここからは感想を書いています。

ネタバレなしバージョンと、ネタバレありバーションがあるので、
まだ観ていない方はご注意ください!

また、私が感じたことを素直にそのまま書いているので、
その点も併せてご注意ください。

『グリーンブック』感想(ネタバレなし)

『メーリーに首ったけ』などのコメディ作品で知られるピーター・ファレリー監督作品だけあって、
人種差別という重いテーマを扱いながらも観客である私たちを十分に笑わせてくれる、
ユーモアたっぷりの作品でした。

そんな中で、
南部で行われていた深刻な人種差別の様子や偏見に満ちた日常も見せていきます。

当時のこの状況の中で、
立場も生まれも違う、
アメリカ人というアイデンティティと性別以外は
何もかもが違いそうな二人に友情が生まれる。

その様子を見ていると、
自然と「人種差別ってなんなんだろう。」という疑問が湧いてきて、
決して押し付けではなく、
差別と偏見について考えさせてくれるような作品です。

差別と偏見は至るところにあるはずで、
私自身もきっと何かに対して持ってしまっているはず。

この作品を観ることができてとても良かったです。

監督・出演者のその他の作品の紹介

ピーター・ファレリー監督作品

created by Rinker
日活株式会社
¥9,980
(2019/11/21 05:07:15時点 Amazon調べ-詳細)

ヴィゴ・モーテンセン
2008年アカデミー主演男優賞ノミネート作品

created by Rinker
¥3,078
(2019/11/20 09:13:18時点 Amazon調べ-詳細)

ヴィゴ・モーテンセン
2016年アカデミー主演男優賞ノミネート作品

マハーシャラ・アリ
アカデミー賞助演男優賞受賞作品

 

 

⇩この下の感想、ネタバレありなので注意してください⇩

 

 

『グリーンブック』感想(ネタバレあり)

全体的にユーモアたっぷりで、
トニーとシャーリーの車内でのやりとりなんかは、
本当におかしかったですね〜!

特にフライドチキンを戸惑いながら食べるシャーリーが堪らなかったです(笑)

そんな笑いの溢れるストーリーの中で私が印象に残っているのが、
孤独を指摘されたシャーリーが
雨の降りしきる中、
車を降り自身の葛藤を叫ぶシーン。

矛盾に満ちた社会で、
自分のために自分をごまかさなければ演奏ができない辛さ。
その孤独。

ずっと我慢していたシャーリーの魂の叫びが痛かった。

一方トニーは、
当初の黒人の使用したグラスを捨てるような、
偏見と差別に満ちた価値観から脱却していく。

黒人としてではなくシャーリー自身を見ることで、
社会のおかしさに気がつき、
今まで日常的にあった家庭内のやりとりの中でさえ、
差別を指摘するようになる。

そして最後のシーンへ。

孤独だったシャーリーがトニーの家へ向かう。
そこでこれからもてなすことが予想できる家族の様子と、
すべてお見通しだったドロレスからの温かいハグ。

優しい余韻の残る作品でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。