旅行

【名古屋発・西表島旅行】限りなく天国に近いブルー!西表島で体験ダイビング!

こんにちは、Nagoya / Nagoyaka log の楓(@kaede_twi)です。

この記事では、
2018年6月23日〜26日に行った3泊4日の西表島旅行の、
3日目のアクティビティ、体験ダイビングについてお話ししたいと思います。

梅雨明け宣言から2日後、
この日は朝からいいお天気で、まさにダイビング日和でした。

体験ダイビングは、私は3度目、夫は2度目でしたが、
西表島の海に潜るのは初めてだったのでとても楽しみにしていました。

 

安心して体験ダイビングができました!
ダイブワンロード

今回私たちがお世話になったのは、
西表島で、ご夫婦でダイビングショップを営む、
ダイブワンロードさん。

いろいろなダイビングショップがあって選ぶのに悩みましたが、
シュノーケリングもできる
サンゴの島・バラス島に連れていってくれるとあったのが決めてとなり、
お世話になることに。

いろいろなお店を見ていて、
意外とこの2つについて、
はっきり明言してくれているショップが少ない印象でした。

ショップのホームページの内容が詳しくていねいで、
ブログが日々更新されていて安心感があったのもよかったです。

ちょっと大げさかもしれませんが、
ダイビングは命を預けるような部分もあるので、
短い時間の体験ダイビングとはいえ、
できるだけ、自分が納得できるお店を選んだほうがいいと思います。

ちなみに持ち物は以下のとおり。

  • 水着(着用)
  • ビーチサンダル(着用)
  • お金
  • スマホ
  • 水(船でお茶をもらえたのでほとんど飲まず)
  • ユニクロのエアリズムのパーカ
  • サングラス
  • 日焼け止め

青・蒼・碧のグラデーション!
西表島の海は天国みたいな美しさ!

ダイビング当日は9時にホテルのロビー集合で迎えにきてもらいました。

ダイブワンロードさんの場合、
西表島の西部地区の場合は無料で送迎してくれます。

何軒か別の宿に寄り、
他のダイバーの方をピックアップして船浦港に向かいました。

フェリーが出入港する上原港とは別の、
船浦港から船に乗ってポイントに移動します。

このお二人にお世話になりました。

風をきってぐんぐん進みます。

途中バラス島のそばを通りましたが、
何組かすでに上陸していたため後にまわすことに。

青い海の上を移動します。

今回は、ベテランのダイバーさん3組に、
体験ダイビングの私たちという組み合わせ。

ベテランダイバーさんと私たちでは潜る場所が違うので、
まずはベテランダイバーさんのためのポイントに向かい、
私たちは船上で講習を受けることに。

基本的な情報(水圧についてとか、ハンドサインとか)の説明を受け、
最後に簡単なテストを。
ちゃんと聞いていれば大丈夫な感じのテストですが、
聞いてないと間違えちゃうかも(笑)

講習のあとは、まずはシュノーケリングをすることに。

シュノーケリングで西表島の海を自由に観察!

この海の色、やばくないですか?!

底がプールみたいな青さ。

目の前に広がる最高の海。

梅雨明けし、まさにピーカンといった日だったため、
海の色が衝撃的にきれいでした。
プールか水族館のような色。

この海や天気を見て、
ダイブワンロードさんが西表島は今日から夏が始まった!
とおっしゃていました。

夏になって、最初の台風がくるまでが一番いいともおっしゃていて、
本当にラッキーな日でした。

この日は風もなく、波がとても穏やかだったので、
沖合ですが、ふだん泳がない私でも安心してシュノーケリングを楽しめました。

また、珊瑚や魚が多いポイントに連れて行ってくれるので、
船から少し泳ぐだけで、魚や珊瑚をたくさん見ることができました。

きれいな魚や珊瑚や貝が多くいるところを見つけては、
ぷかぷか浮きながら観察というのをずっとやっていました。
まったくあきませんでした。

シュノーケリングについては、
ここに行ったらいけないとかこうしなくちゃいけないという注意は特になくて、
ベテランダイバーさんが上がってくるまで、
自由に、好きなように楽しんでいました。

待ちに待った、西表島で体験ダイビング!

こんどは私たちが潜れるポイントへ移動し、
私たちがダイビングをする番です。

これから潜ります。

機材を身につけたら、
一人ずつ船の梯子を一歩一歩下がっていき、
その後はロープを伝って少しずつ下の方へ。


この最初に下がるときが一番緊張感があります

耳抜きできるのかとか、
酸素ボンベでちゃんと呼吸できるのかとか、
自分でも予想できない、
自分がどうなるかわからない部分があるので。

緊張感はありましたが、
ダイブワンロードさんが付きっきりで確認しながら一緒に下りてくれるので、落ち着いて臨めました。

無事に下りられました!

下りたあとは、
大きな珊瑚礁の周りを手書きボードでの説明を受けながら、海底散歩


シュノーケリングとは違って、
今度は魚と同じ目線なので、魚の世界にお邪魔するような気持ちに。
ダイバーのあとをついてくる魚もいて可愛かったです。


上から見るとこんな感じで遊んでいました。

水中カメラをもっていないので、写真がないのが残念ですが、
リアル・リトルマーメイドな気分を味わっていました。

途中、ゴーグルに徐々に水が入ってきて頑張って抜いたり、
私的にはちょっと大変なこともありましたが、
約1時間、たっぷりダイビングを楽しみ、
久しぶりの体験ダイビングは無事に終わりました。

私たちのダイビングのあとも、
ベテランダイバーさんたちがまだ潜っているところだったので、
再びシュノーケリングを楽しんでいました。

珊瑚でできた島!バラス島へ上陸

ダイビングのあと、最後はバラス島へ。

バラス島は、西表島と鳩間島の間にある珊瑚のかけらでできた小さな島です。

潮の満ち引きによりあったりなかったりする幻の島で、
グーグルの地図では陸地はないですね。

この島、360°きれいな海を楽しめる場所とあって、
大人気スポットで上陸待ちをすることもあるそうです。

初上陸!思ったより大きかったです。

きれいな海がどこまでも続きます。
このきれいさは夢みたいでした。

シーカヤックで上陸している人もいました。
かなり暑そうですけど、楽しそうでした。

バラス島に少し滞在し、再び船浦港へ戻り、ダイビング体験は終了しました。
帰りもホテルまで送ってもらえるので楽チンでした。

西表島での体験ダイビング、
シュノーケリング、バラス島上陸の感想

今回初めて西表島の海で遊んだのですが、
体験ダイビングでいける範囲内で魚や珊瑚礁をたくさん見られるというのが、西表島で体験ダイビングをするメリットだと思います!

沖縄本島、石垣島で体験ダイビングをしたことがありますが、
生き物の多さと海のきれいさは西表島がいちばんでした。

シュノーケリングは、
ダイビングと違って、自分の自由に動け
呼吸や耳抜きの心配などがなく安心して楽しめるので、
ダイビングとは違ったおもしろさがありました。

海にぷかぷか浮かびながら、
不思議な海の世界を楽しむ体験は、
西表島の海で遊ぶなら、ぜひやってみてほしいです。

バラス島はおまけみたいな気持ちで行きましたが、
浜辺から続く海のきれいさ、
サンゴでできている不思議さ、
無人島のおもしろさなどに加え、
何より写真集の中にいるような美しい光景を楽しめるのでオススメです。

上陸する際は、サンダルと日焼け止めをお忘れなく!

半日のツアーでしたが、十分楽しめました。
宿に戻ったのが13時すぎくらいだったかなと思います。

名古屋発・西表島 〜4日目〜 に続きます。

マメナチカ
マメナチカ
西表島は海もすごいネ!

楓
写真集の中みたいな世界だったよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

*一部の写真はダイブワンロードさんからいただきました。

名古屋発・西表島旅行 島内ドライブ & 船舶が唯一の交通手段、船浮集落|Nagoya / Nagoyaka log にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です