校正

【校正作業の備忘録】和暦と西暦の換算

こんにちは、Nagoya / Nagoyaka log の楓(@kaede_twi)です。

この記事では、
各元号の和暦と西暦の換算について書いています。

まずは簡単にまとめたものを。

各元号の初年の西暦下2桁ー1が差となる。

平成+88=西暦下2桁 *1900年代については下をご参照ください。
昭和+25=西暦下2桁
大正+11=西暦下2桁
明治+67=西暦下2桁 *1800年代については下をご参照ください。

さらに詳しく知りたい方は下をお読みください。

また、自分で換算したくない!パソコンで入力するのもイヤだ!
という方は、『記者ハンドブック』の裏見返しの年齢早見表を確認しましょう。

created by Rinker
¥2,052
(2018/11/15 02:44:32時点 Amazon調べ-詳細)

西暦と和暦の換算

私の場合、基本的には
『記者ハンドブック』の裏見返しを確認して済ませることが多いのですが、
和暦・西暦の併記の頻度が高いときは、
探す動作が無駄に感じるので計算で確認する場合もあります。

平成の和暦・西暦換算

期間 1989年1月8日〜2019年4月30日(予定・2018年11月現在)

平成の始まり 平成元年/1989年
平成の終わり 平成31年/2019年

平成と西暦の換算

和暦+88=西暦下2桁
西暦下2桁ー88=和暦
*2000年代は3桁で考える 例)2019年は119、2000年は100

または、

和暦ー12=西暦下2桁
西暦下2桁+12=和暦
*1900年代は3桁で考える 例)平成元年は101、平成10年は110

昭和の和暦・西暦換算

期間 1926年12月25日~1989年1月7日

昭和の始まり 昭和元年/1926年
昭和の終わり 昭和64年/1989年

昭和と西暦の換算

和暦+25=西暦下2桁
西暦下2桁−25=和暦

大正の和暦・西暦換算

期間 1912年7月30日~1926年12月25日

大正の始まり 大正元年/1912年
大正の終わり 大正15年/1926年

大正と西暦の換算

和暦+11=西暦下2桁
西暦下2桁ー11=和暦

明治の和暦・西暦換算

期間 1868年9月8日~1912年7月30日

明治の始まり 明治元年/1868年
明治の終わり 明治45年/1912年

*この改元以後、一世一元となる。
*旧暦で改元の詔書が出されたのが9月8日。

明治と西暦の換算

和暦+67=西暦下2桁
西暦下2桁ー67=和暦
*1900年代は3桁で考える 例)1912年は112、1900年は100

または、

和暦−33=西暦下2桁
西暦下2桁+33=和暦
*1800年代は3桁で考える 例)明治元年は101、明治10年は110

まとめ

世紀の変わる平成と明治の一部だけ注意が必要です。

あまりに作業が煩雑に感じる場合、
一つのやり方として、知っておいて損はないと思います。

マメナチカ
マメナチカ
世紀が変わるとややこしいネ!
楓
そうだね!世紀の変わらない昭和と大正は簡単だね。

最後までお読みいただきありがとうございました。