街を行き交う人々を繊細な刺繍で描く|瀬川夏帆 個展 Where I am.

2 min
街を行き交う人々を温かな刺繍で描く|瀬川夏帆 個展 Where I am.

こんにちは、楓*(@kaede_twi)です♪

名古屋市内のギャラリー37°で行われている、布アート作家の瀬川夏帆さんの個展に行ってみました 。

インスタで見かけた作品が気になっていたのと、併設している額縁店に相談に行きたかったのでちょうどよいタイミングだと思いまして ♪

それにしても、久しぶりに個展というものに足を運んだのですが、やはり面白いですね。

東京に住んでいた頃は定期的に美術好きの友人とギャラリーのはしごをしたりしていたのですが(笑)、名古屋に来てからはさっぱり。

が、先日ブログにも書いたのですが家事の一環としてギャラリーを巡ってほしいという夫からの謎のタスク(嬉しい)が設けられまして、早速気になった個展に軽率に突撃するスタイルでギャラリー巡りを始めてみることにしました。

感想

出会いはインスタのこちらの作品。

動き出しそうな細やかなアウトラインと、ふわふわとした重なりに惹かれました

一筆書きやペン画のような繊細さと、クラフト感の温かみ、さらにクールな雰囲気の図案が重なってお洒落(という言葉が軽くて申し訳ない……!)な感じで素敵でした。

そこにほんの少し色が使われていて、それが作品を生き生きとしたものにしている感じがして面白かったです。
色を使っているのは全体から見ればほんの少しなのにすごいなと思いました。

描かれている世界観も面白くて、たくさんの人が行き交う街角で、隣にいる人よりも、もっと遠くにいる人々とバーチャルの世界で複雑につながっている人間模様だとか、雨の日の霞んだ雰囲気の雑踏を描いている感じとか。

他にも、はがきサイズの人物像の服の一部に布が使われている作品も可愛くて好きでした。

こういった作品、はがきサイズのものをきちんと額にいれて飾りたい〜というか、
3作品を一つの額にいれて展示されていてとても可愛かったです。

あっとタッチの違う作品も素敵だった。

かっこいい……。

併設されたギャラリーの小さな個展でしたが、とても楽しい時間を過ごせました。

ちょっと欲しくなるくらいでしたが、ギャラリー巡りが始まったばかりなのと飾るところがない!(切実・笑)
でもいずれ手に入れたい候補にはいれました!(笑)

個展情報

瀬川夏帆 個展”Where I am.”

2021年4月8日(木)〜4月12日(月) 11:00〜20:00(最終日は17:00まで)

額縁・ギャラリー37°

最後までお読みいただきありがとうございました ♪

楓*

楓*

主婦 兼 校正者

東海地方に住む主婦で校正者の楓*です。
趣味を満喫すべく本や映画の感想、登山の記録を綴っています。
日々の暮らしが楽しく快適になるようなモノ・コトも探しています♪

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です