雨降る森の犬|馳星周

1 min
雨降る森の犬 書影

馳星周さんの『雨降る森の犬』を読みました。

created by Rinker
集英社
¥990 (2022/08/08 16:17:04時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルに惹かれました。雨、森、犬。いかにも心が潤いそうなタイトルです。

雨降る森の犬|作品紹介

馳さんは『少年と犬』で第163回(2020年)直木三十五賞を受賞しています。

created by Rinker
¥1,599 (2022/08/08 16:17:04時点 Amazon調べ-詳細)

直木賞受賞後初文庫!!
山の癒し、犬の恵み──。

9歳で父を亡くした中学生の雨音は、新たに恋人を作った母親が嫌いだった。学校にも行かなくなり、バーニーズ・マウンテン・ドッグと立科で暮らす伯父・道夫のもとに身を寄せることに。隣に住む高校生・正樹とも仲が深まり、二人は登山の楽しみに目覚める。わだかまりを少しずつ癒やしていく二人のそばには常に溢れる自然や愛犬ワルテルの姿があった。犬の愛らしい姿が心に響く長編小説。

雨降る森の犬/馳 星周 | 集英社 ― SHUEISHA ―

雨降る森の犬|感想

森と犬と少女。
前者2つについての描写は、しっとりとした森の雰囲気や、犬の自然体の姿が描かれていて、癒やされながら読んでいたのですが、少女の描写がどうも私には合いませんでした〜(笑)。

母と確執があり、母と離れて小学生で一時一人暮らしもしていたというこの主人公の少女について、好きなところも大いにあるのですが、それを上回って、作者の理想の少女像が垣間見えてどうも微妙な気持ちになってしまいました。

この子が21歳くらいの設定で母が出ていった年齢が高校生くらいだったらかなりしっくりきたと思うのですが、中学生でこの感じは現実的ではなさすぎると思ってしまいました。

母親が来て逃げ出す描写も、そのキレイな反抗の仕方になんか地に足のついて人物に思えなくてちょっと白けてしまった。

と、かなりボロボロに書きましたが、直木賞受賞作家ですし、ネットの評価は悪くないので(でもたまに少女が微妙派も見かける・笑)、たぶん気にしすぎなんだろうなと思いました!(笑)

読書って自分が変なところで引っかかったりすることがあっておもしろいですよね!

楓*

楓*

主婦 兼 校正者

東海地方に住む主婦で校正者の楓*です。
記録しておきたい日々の出来事や思い出、整理しておきたことなどをブログに綴っています。
旅・山・自然が大好きで、趣味は読書とおうちでの映画・ドラマ鑑賞です。
美術館やギャラリーをめぐることも好きです。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。