壮絶な逃走劇がおもしろい|ボーン・アイデンティティー

2 min
日日是好日帖アイキャッチ

先日、「007」シリーズを順番に見ていったらなかなか楽しかったので、今度は「ボーン」シリーズを順番に見ていこうかなと思いまして、昨日は1作目の『ボーン・アイデンティティー』(02)をいつものようにPrime Videoで鑑賞しました。

ボーン・アイデンティティー|作品情報

【ニュー・アクション・ヒーロー誕生!!】【ヨーロッパを縦断して繰り広げられる壮絶なチェイス!】【マット・デイモン主演の新感覚スパイ・アクション!!】海上を漂っていた瀕死の男(マット・デイモン)がイタリア漁船に救われる。語学に堪能で、自己を守るための武術と頭脳に優れている彼だったが、記憶を喪失し、自分の名前や経歴すら思い出せない。唯一残されていた銀行の名前と貸金庫の番号から、スイスへ赴いた。そこには“ジェイソン・ボーン”名義の身分証明書と他にさまざまな国籍のパスポート、大量の現金、拳銃が眠っていた・・

prime video

 ジェイソン・ボーンを主人公にしたロバート・ラドラム原作の国際ポリティカル・サスペンス3部作の第1作目にあたる同名小説(邦題は『暗殺者』)を映画化したサスペンス・アクション。主演はこれが本格アクション初チャレンジとなる「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」「リプリー」のマット・デイモン。監督は「スウィンガーズ」のダグ・リーマン。ヨーロッパの各地を舞台に、記憶を失った男が、戦闘能力を備えた自分の正体を突き止めようと奔走しながら、次々と現われる暗殺者たちとの攻防に巻き込まれていくさまをスリリングに描く。

 ある嵐の夜、イタリアの漁船が洋上に漂う意識不明の若い男を発見する。引き上げられたその男の背中には弾痕があり、皮下にはマイクロカプセルが埋め込まれ、それにはスイスの銀行の口座番号が印されていた。男はなんとか息を吹き返すが、記憶を失っており、自分の名前も分からない状態だった。数週間後、彼は身元の唯一の手掛かりであるスイスの銀行に向かう。その貸金庫にはジェイソン・ボーン名義を含め6ヵ国のパスポートや大金、そして拳銃が入っていた。やがて暗殺者たちに狙われ始めた彼は、偶然出会ったマリーの協力を得てパリへと向かうのだったが…。

allcinema

Wikipedia IMDb

監督:ダグ・リーマン
原作:ロバート・ラドラム

監督:ダグ・リーマン
脚本:トニー・ギルロイ、ウィリアム・ブレイク・ヘロン
製作:パトリック・クローリー、リチャード・N・グラッドスタイン、ダグ・リーマン
俳優:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー、ブライアン・コックス etc.

ボーン・アイデンティティー|感想

20年前の作品なので、マット・デイモンが若いですね。当たり前か(笑)。日本では『ハリー・ポッターと秘密の部屋』と同日公開だったんだそうな。

allcinemaの紹介文によると、マット・デイモンの俳優人生のターニングポイントとなった大人気作品です。私もシリーズのどれかは昔観たことがあったけれど、思い出せないので改めて一から楽しむことにしました。

マルセイユ沖を漂っているところから手がかりを求めてスイス・チューリッヒ→フランス・パリと移動。
海外の街並みを見るのが好きなので、マルセイユの港や寒そうな冬のチューリッヒの街、洒落たパリの街の雰囲気をワクワクしながら観ていました。

肝心のストーリーは、原作があることもあって揺るぎない面白さ。

すごい工作員なのに記憶がない。
確かにこれは斬新な設定だったんだなって改めて思いました。
強くてすごいけど、この先どうすんのさ?って感じで……
小手先じゃない面白さでぐんぐん引き込まれていきましたね。

記憶がないのに、敵をテキパキ倒して対処していくさまは痛快だしかっこいい。
とはいえ、記憶がないなか行動しているわけで、何から逃げているのかもわからないし、気づいたら警察に追われているしで、追い詰められては過激なアクションシーンが繰り広げられ……。

自分が何者なのかにいつ気づくのか気になるし、アクションシーンもヒヤヒヤして目が離せないし、行きがかりで相棒となったマリーはど素人で心配になるしでとにかく映像・展開ともに面白い!

パリの街なかでのカーチェイスシーンもとにかくめちゃくちゃで最高だった!
ある意味、スパイがMINIに乗ったらこういう活かし方になりますよね〜みたいな(笑)。

エンディングのシーンはちょっとおまけ的な感じだったけど、さんざんハラハラしたあとに気持ちを緩めて観終わることができてよかったです♪

2作目も引き続き時間があるときに楽しもうと思います。

Amazonプライム会員になると自動的にプライム・ビデオを利用できます。

楓*

楓*

主婦 兼 校正者

東海地方に住む主婦で校正者の楓*です。
記録しておきたい日々の出来事や思い出、整理しておきたことなどをブログに綴っています。
旅・山・自然が大好きで、趣味は読書とおうちでの映画・ドラマ鑑賞です。
美術館やギャラリーをめぐることも好きです。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です