ジョン・ウィックが好きな人は観るべし!|Mr.ノーバディ

2 min
日日是好日帖アイキャッチ

先日『Mr.ノーバディ』(21)をPrime Videoで鑑賞しました。

この作品、実はまったく知らない作品だったのですが、Prime Videoをザッピングしていたところ、やけに評価数が多く、星の数も多かったのでとりあえず見てみることにしました!

アクション好きな人におすすめの作品です。(特にジョン・ウィックシリーズとか)

Mr.ノーバディ|作品情報

ハッチは、郊外にある自宅と職場の金型工場を路線バスで往復する、ルーティンで退屈な毎日を送っている。妻には距離を置かれ、息子からもリスペクトされず、この世の理不尽なことすべてを全身で受け止め、歯向かうことなど決してない、地味で目立った特徴のない男だ。ある日、バスに乗り込んできたチンピラたちに、ハッチは遂にブチ切れて大乱闘、相手をことごとくぶちのめす。やがてこの事件はロシアンマフィアの逆鱗に触れ、ド派手な銃撃戦、カーチェイスへと一気にエスカレートしていく。一体この男は「何者」なのか?

Mr.ノーバディ (吹替版) – Prime Video – アマゾン

IMDb allcinema

監督 :イリヤ・ナイシュラー
脚本 :デレク・コルスタッド
製作 :ケリー・マコーミック、デヴィッド・リーチ、ブレイデン・アフターグッド etc.
俳優 :ボブ・オデンカーク、クリストファー・ロイド、アレクセイ・セレブリャコフ etc.

お父さん役のクリストファー・ロイドは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクです。今作でもいい味出してました!

Mr.ノーバディ|感想

『ジョン・ウィック』シリーズと脚本家が同じということにちょっと納得してしまいました(笑)。製作にも監督や製作総指揮を務めたデヴィッド・リンチの名が。

主人公のハッチは家庭生活も仕事もイマイチ冴えない中年男性。自宅に強盗が入ってもやり返すことなく弱腰で、そのことについて子供や警察にまで馬鹿にされる始末。

そんな、どう考えても弱そうな主人公が実はそうじゃなかった!!というのがこの映画の一番の面白さ。

しかも極端に強くて、どう考えてもやりすぎなのです。

さらに面白いことに、やや動機が個人的過ぎるというか、そのためにそこまでやる?!みたいな周囲や相対する相手からはおよそ理解できない存在なんじゃないかと思います。

まさかネコちゃんのブレスレットのためにそこまでやるとは思わなかったし、バスに乗った女の子を助けるためにそこまでやり切るとは思わなかったよ!

そして、そんなめちゃくちゃな行動をやっていれば、もちろん報復もされるわけで…。

そこで登場するのがロシアンマフィアのボス、ユリアンなのですが彼がなんだか憎めない。

この人もやっぱりやりすぎて頭がおかしい、ある意味主人公と同種の人間でした。

ダサい踊りに歌まで披露し、主人公より無邪気な感じのヤバイ人でしたね。

そして、もう一人の注目の人物は主人公のお父さん。

老人ホームで隠居生活をしていたはずが、戦いはじめて若干手足が震えながらも狂気に満ちた生き生きさを見せてガンガン敵を倒していく。

複雑さや、難解さはなく、ひとたび戦いが始まると、ひたすら笑えてたまにヤバさに凍りつくアクションシーンが続きます。

アクション好きではない人にははぁー?ってなりそうな作品ですが、アクションシーンそのものが好きな人やちょっとバカげたストーリーも許せるタイプの人はかなり楽しめる映画だと思いました♪

Amazonプライム会員になると自動的にプライム・ビデオを利用できます。

楓*

楓*

主婦 兼 校正者

東海地方に住む主婦で校正者の楓*です。
記録しておきたい日々の出来事や思い出、整理しておきたことなどをブログに綴っています。
旅・山・自然が大好きで、趣味は読書とおうちでの映画・ドラマ鑑賞です。
美術館やギャラリーをめぐることも好きです。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。