ヨガ

LAVA・ラバ|ボディデザインヨガの内容&感想

LAVA・ラバ

こんにちは、楓*です♪

この記事は、わたしが通っているホットヨガスタジオLAVA
レッスンを受けた際のメモです。

同じレッスンを予約する際にどんなレッスンだったかを確認したり、
何か特別なポイントがあったかを確認するために書きましたが、
はじめて受講する人にも参考になるといいなと思っています。

ちなみに、ボディデザインヨガは会員限定のクラスです。

新型コロナウイルスの影響で2020年3月3日(火)~3月15日(日)までLAVAは全店休業となっていましたが、3月16日(月)から再開となりました。

詳しくはLAVAの公式サイトより「3/16(月)~営業再開に伴う新型コロナウイルス感染症予防対策につきまして」をご覧ください。

また、LAVAの公式サイトの「【一覧】新型コロナウイルス対策に関する各種ご案内」で連絡事項がまとめられています。

ヨガに行きたいのだけれど状況的に厳しいという方は、事態が落ち着くまでオンラインのサービスを利用するのもいいと思います。

SOELU は、直接指導してもらえる「ライブレッスン」 (30〜60分)以外にも、いつでも気軽にできる「レッスン動画」(3〜30分)があり、ヨガを中心にピラティス、部位トレーニング、バレエエクササイズなど豊富なフィットネスプログラムがあります。

ホットヨガとまではいかないのですが、ストレスがたまりがちなこの頃なので、気分転換にオススメです♪

 

LAVAの【ボディデザインヨガ】

ヨガをする人の足元

LAVAの公式サイトでのボディデザインヨガのプログラムの説明は以下のとおりです。

シンプルな動作にじっくり取り組むことで体幹を鍛え、気になるパーツを引き締め、贅肉のつきにくいカラダを目指すコース。効かせたい部分を意識して丁寧に動くことで、全身のプロポーションもパフォーマンスも向上。他のレッスンのポーズ上達にも繋がります。

LAVAの公式サイトより

 

呼吸とポーズで心身をほぐし、筋肉を大きく使うポーズで全身の凝りをやわらげる全身スッキリヨガというクラスもあります。

 

【ボディデザインヨガ】強度とポイント

強度 3(5段階中)

パーツごとにじっくり負荷をかけたり、
伸ばしたりすることで、
効かせたい部分にしっかりと働きかけることができるクラスです。

ヨガ+筋トレ
というイメージです。

首や肩甲骨、股関節を使ったポーズやストレッチがあるので、
始まる前にほぐしておくとレッスンに入りやすいです。

負荷をしっかりかけて行うので汗がたくさん出ます。
お水は始まる前からしっかり取っておくといいと思います。

 

【ボディデザインヨガ】レッスンの特徴

レッスンは上半身をほぐすところから始まります。

首の前側、後ろ側、側面とじっくり伸ばしていきます
首のあと肩甲骨まわりや腕などをじっくりとパーツごとに伸ばしていきます。

このあたりは気持ちがいいくらいなのですが、
下半身のパートに入ってからがハードです。

ハイランジのような、
片足を踏み出し、
もう片方は股関節が伸びるくらい後ろに引くようなポーズであったり、
スクワットの状態で股関節をゆっくりと上半身ごと回したり。

太ももにしっかり負荷をかけ、
凝り固まった股関節をじっくりとほぐすことができます。

この辺りでかなり汗が出てきます。
また、チャイルドポーズでのお休みがなかなか入らないのが、
このクラスの特徴です。

横になってのポーズでは、
背中や背骨、お腹を重点的に行いますが、
腹筋のためのポーズがまたきつい。

例えば船のポーズという、
座った状態で、腹筋を使って両手両足を浮かせるポーズを取ったり。

このあたりでやっとチャイルドポーズでのお休みが入ってきますが、
レッスンも終盤に。

最後はやすらぎのポーズでリラックスしておしまいです。

【ボディデザインヨガ】の感想

太ももの筋力が弱い私には、
ハードな部類に入るクラスでした。

下半身のパートに入ってからの、
太もものプルプル感はすごかったです。
辛かったけれど、かなり効いた感じはありました。

また、股関節やもも裏の硬さも気にしているところなので、
私にとってはピンポイントに苦手なところに向かい合えるクラスでした。
定期的にレッスンを受ければかなり効果がありそうな予感がします。

逆に言うと、スクワットを普段からやっていたり、
股関節の柔らかさに自信がある人にとっては、
ほどよい負荷の筋トレ+ヨガが楽しめるクラスということになりそうですね。

 

ヨガウェアはネットで探すと安くて可愛いものに出会えます♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました!