読書

『ミレニアム 5 復讐の炎を吐く女』|ドラゴン・タトゥーの秘密が明らかに!

こんにちは、Nagoya / Nagoyaka log の楓(@kaede_twi)です。

この記事では、
ダヴィド・ラーゲルクランツ『ミレニアム 5 復讐の炎を吐く女』
あらすじや感想について書いています。

<ミレニアムシリーズ>は、
もともとはスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによって書き始められた
北欧ミステリーの火付け役ともいえる作品です。

2019年現在、ミレニアム 5まで刊行されていますが、
ラーソンは2004年に心筋梗塞で50歳の若さで亡くなっているため、
自身が手掛けたのはミレニアム 3まで。

以降はダヴィド・ラーゲルクランツによって描かれています。

ラーゲルクランツは記者として活躍した後に作家へ転身。
著名な登山家の伝記や、数学者アラン・チューリングをモデルにした小説が話題となり、
2011年には100時間に及ぶインタビューを元に描いた『I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝』を発表し、ベストセラーとなりました。

created by Rinker
¥3,499
(2019/09/22 13:51:24時点 Amazon調べ-詳細)

前作で、ラゲールクランツの凄さを知ってしまったので、
これは5も読むしかないないなと。

早速読んでみることにしました。

『ミレニアム 5 復讐の炎を吐く女』のあらすじ

前作で犯した罪により、リスベットは2カ月の懲役を科され女子刑務所へ。

そこは最高の警備を誇るといわれる場所でありながら、
囚人の一人で、ギャングの一員であるベニートによって支配され機能不全に陥っていた。

そんななか、
あるイスラム系の美しい女囚・ファリアが暴行を受ける。
しかし、その暴力を止める者はいなかった。

ある日、その暴行に気づいたリスベットは看守らに訴えるが、
見て見ぬふりをしているだけ。
業を煮やしたリスベットが動き出す。

また、リスベットの元後見人であるパルムグレンのもとに、
リスベットの子ども時代にまつわる資料を持つ人物が訪れる。

心配になったパルムグレンはリスベットのもとへ。
その際にリスベットの知らない“レジストリー”という機関の名を教えてしまう。
自分自身の過去に何かがあることに気づいたリスベットは“レジストリー”について調べ始める。

そこでレオ・マンヘイメルという男の存在が浮上。リスベットはこの男の調査をミカエルに依頼した。

一体彼は何者なのか、
“レジストリー”とは一体何なのか。

『ミレニアム 5 復讐の炎を吐く女』感想

ここからは感想を書いています。

ネタバレなしバージョンと、ネタバレありバーションがあるので、
まだ読んでいない方はご注意ください!

また、私が感じたことを素直にそのまま書いているので、
その点も併せてご注意ください。

『ミレニアム 5 復讐の炎を吐く女』感想(ネタバレなし)

とうとう、『ミレニアム 5』へ。
2019年8月時点では<ミレニアム>シリーズの最新巻になります。

前作でほんの少し、
作者が変わったことによる影響を感じたものの、
むしろその程度の影響しか感じさせなかったことに驚いた私は
ラーゲルクランツに信頼感をいだき、早速『ミレニアム 5』を読んでみることに。

なんと前作よりさらに違和感がなくなっていました。
もはや作者が変わったことはあまり気にならなくなってきていて、
作品の内容に集中できました。

4のときに少し違和感を感じてしまった人も、
5なら受け入れられる可能性は高いので
<ミレニアム>シリーズが好きな方は引き続き読んでみてほしいです!

本作では、
またひとつリスベットの過去の秘密が明かされ、
ドラゴン・タトゥーの秘密までもを知ることができるので
リスベットファンにはなかなか楽しい物語です。

前半は刑務所内での物語で、
リスベットの正義が遺憾なく発揮され「うわ〜笑」ってなりました。
それでこそリスベット、しかしそれはやりすぎだっていういつもの……(笑)

今回の謎もなかなか複雑でしたが、
登場人物が少なめだったこともあってわりと読みやすくわかりやすかったです。

『ミレニアム 6』が今年出ると言われていますが、
いまのところ情報が入ってきません。
楽しみに待ちたいと思います!

ダヴィド・ラーゲルクランツのその他の作品を紹介

 

 

⇩この下の感想、ネタバレありなので注意してください⇩

 

 

『ミレニアム 5 復讐の炎を吐く女』感想(ネタバレあり)

パルムグレンが亡くなりました〜。
<ミレニアム>シリーズの数少ない良心が〜。

心優しく正義感あふれる常識人のパルムグレン。
パルムグレンの存在なくしてリスベットなし。
リスベットなくしてミレニアムなしですよね。
惜しい…仕方ないけど……。

物語全体としては、
かなり読みやすく感じました!
前作と比べると同時進行で進むストーリーの種類が少なく、
シリーズ全体でみると登場人物が少なかったように感じます。
そのせいか全体的にすっきりしていたのでスルスル読めました。

私としてはもうひと捻り、
たとえばリスベットの妹がもう少し暗躍してもいいくらいでした(笑)

また、ミカエルとリスベットの絡みももう少しあると楽しいんだけどな〜なんて……
読者ってわがままですね!(笑)

今回の物語のキーパソンであるレオ・マンヘイメルが生きていたことは
本当に嬉しかったですね。

やっぱり罪のない人が罪深き人たちに殺されてしまうのは
物語とはいえやきもきしちゃいますからね!

また、この物語でファリア・カジという、
イスラム原理主義者を兄弟に持ち
兄弟たちにより迫害される女性が出てきましたが、
こういった社会的にも隠れた問題となっていそうな女性を取り上げているのが
ミレニアムっぽいと感じました!

ミステリーでありながら、社会問題(特に女性の)をしっかり描くところがこのシリーズの良いところだと思います。

次回作も楽しみにしています!

マメナチカ
マメナチカ
今回もリスベットやばかったネ!
楓
リスベット怪我しすぎだよね!主人公でなかったら死んでいたでしょう(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。